白内障について|下呂市萩原町で眼科をお探しの方は村瀬眼科クリニックまで

白内障について

 

白内障とは

白内障とは、眼の中の水晶体が濁ってしまう病気です。濁ることで光が通りにくくなり、視力が低下する、もやがかかって見える、ものがかすんで見える、明るい場所では眩しくて見えづらいといった症状が現れます。

白内障とは

白内障の見え方

白内障の見え方

治療方法

点眼治療

日常生活で支障がない程度であれば、点眼により進行を遅らせます。
これらの治療は水晶体の濁るスピードをおさえるもので、症状を改善したり視力を回復させたりはできません。

手術治療

白内障が進行してしまい日常生活に不自由を生じてきた場合には手術治療を行います。
濁ってしまった水晶体を砕いて吸い出し、人工的なレンズ(眼内レンズ)を入れることで視力を回復させます。

1切開します

角膜(瞳の表面)に小さな切り込みを入れ、そこから濁ってしまった水晶体を削りながら吸い出します。

2にごった水晶体を砕いて吸い出します

それまで水晶体があった部分に、水晶体の代わりの働きをする人工的なレンズを挿入します。

3眼内レンズを挿入します

レンズが広がって、ピタリとはまります。角膜の切開部分も小さいので、縫合も必要ありません。

村瀬眼科クリニックの白内障手術の特徴

無痛手術を目指して

手術前に何度も麻酔をすることにより痛みを軽減します。
手術中に痛みが出た場合は、麻酔を追加することで痛みをなくすようにしますので、お声がけください。

小切開手術(2.4mm)

手術後の感染を起こさないように、また、術後の早期回復のためにできる限りの小切開手術を行います。

短い手術時間

患者様に負担がかからないように短い時間で、より安全な手術を目指しております。

眼内レンズの種類

水晶体の代わりに入れる眼内レンズでは、ピントを調整することができません。このため一般的な単焦点レンズを使用する場合には、患者様の生活スタイルに合わせて、ピントの距離を近くにするのか、遠くにするのか、選択する必要があります。
また、健康保険の適応外ではありますが、近くと遠くの二つの焦点を持った多焦点レンズもありますので、詳しくはご相談ください。

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方

単焦点と多焦点の見え方

単焦点レンズ・多焦点レンズのメリット・デメリット

 単焦点レンズ多焦点レンズ
メリット
  • ピントが合ったところが、くっきりと見える
  • 見える範囲が広い
  • メガネへの依存度を減らすことができる
デメリット
  • ピントを合わせた以外のところはメガネが必要
  • 鮮明さに劣ることがある
  • 高価

単焦点眼内レンズの費用

多焦点眼内レンズの費用と適応

多焦点眼内レンズの費用

多焦点眼内レンズの費用と適応

多焦点眼内レンズは非常に精密な光学部のデザインとなっており、高価なため健康保険適応外です。眼内レンズ代を含んだ手術費は当院までお問い合わせください。

多焦点白内障手術における 自由診療と先進医療の違い

当院は先進医療を行う施設として承認されています。このため、手術前や手術後の診察は保険適応となるため患者様の負担が減ります。

また、民間の保険に加入されている方で先進医療特約に加入している方は給付が受けられます。

多焦点白内障手術における 自由診療と先進医療の違い

多焦点眼内レンズの適応

多点眼内レンズ挿入には、十分な適応検査が必要です。視力に影響を及ぼす眼疾患がある場合には適応とならない可能性があります。
また、メガネをかけることが気にならない方は多焦点眼内レンズを選択しなくても保険適応の単焦点眼内レンズで十分満足していただけます。
一人一人の目の状態によって異なりますので、必要な検査をすべて行い、多焦点眼内レンズが合っているか調べて説明させていただきます。

 
村瀬眼科クリニック
 
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
 
 

診療科目

■一般眼科
■小児眼科
■白内障
■緑内障
■日帰り手術
■糖尿病網膜症
■網膜硝子体疾患
■ドライアイ
■眼瞼痙攣治療(ボトックス注射)
■コンタクトレンズ

 
 

診療時間

診療時間

休診日/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

 

当院へのアクセス

当院へのアクセス