設備紹介|下呂市萩原町で眼科をお探しの方は村瀬眼科クリニックまで

設備紹介

 

設備紹介

  • OCTOCT

    OCTとは、網膜の断層画像を撮影し、精密に検査するために開発された最新の検査機器です。網膜の断面を拡大したり、網膜の厚さを測定したりして、表面から見てもわからなかった目の異常が発見できるようになりました。緑内障・黄斑部疾患・網膜疾患等を早期発見するために、非常に有効的な検査が行えます。

  • 手術装置手術装置

    経験豊富な医療技術と最先端の設備で、患者様の最良の視力が得られるよう治療しております。 不安な点がございましたら、術前に医師までお気軽にご相談ください。

  • IOLマスターIOLマスター

    レーザー光線による光でも眼球の長さを測定し、白内障手術時の眼内レンズの度数を測定する機械です。そのため、精度の高い測定結果を算出することができ、手術後の安定した視力が可能となっております。

  • YAGレーザーYAGレーザー

    白内障手術を受けたのに、しばらく経つとまた見えづらくなってしまう・・・。そんな方は「後発白内障」の可能性があります。こちらの器械ではその後発白内障の手術に用います。痛みはほとんどなく、手術時間も短時間です。治療後もすぐに日常生活を続けていただけます。

  • ハンフリーハンフリー

    当院では、世界的にも高性能で有名なカールツァイス社製の自動視野計を採用し、短時間で信頼性の高い視野検査を行うことができます。これにより緑内障の早期発見や緑内障患者様の進行防止に役立てております。

  • ワックワック

    ワックとは、器械の中の美しい風景を眺めていただくことで目の緊張状態を解き、患者様に最も適した眼鏡を処方するための器械です。眼精疲労の軽減や、子供の視力回復にも使われます。

  • レーザーレーザー

    糖尿病網膜症、緑内障、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対してレーザーを用いた治療を行っております。

  • スペキュラマイクロスコープスペキュラマイクロスコープ

    角膜内皮細胞とは角膜の透明性に関わります、内皮細胞が障害を受けると角膜が白く濁ることがあるため、当院では、白内障手術前に十分な内皮細胞の数があるか検査して手術を行います。また、手術後も減少していないかを検査しております。

  • レーザー超広角眼底観察装置

    当院では、最新鋭の超広角眼底観察装置 Optos 200txを導入しました。広範囲のカラー眼底像、自発蛍光画像、蛍光眼底画像を1回の撮影で所得でき、観察困難な周辺部の病変も見逃さずに捉えることができるので早期発見、早期治療に役立てています。

  • スペキュラマイクロスコープレーザー光凝固装置(PASCAL)

    最新機器のレーザー光凝固装置(PASCAL)を導入いたしました。治療効果の向上に加え、従来のレーザー治療より低侵襲であるため痛みが少なく、また短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。

  • ●画像ファイリングシステム
  • ●超音波画像診断装置
  • ●プロジェクションペリメーター
  • ●オペレーションマイクロスコープ

その他、多数の精密機器を取り揃え診療に役立てております。

 
村瀬眼科クリニック
 
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
 
 

診療科目

■一般眼科
■小児眼科
■白内障
■緑内障
■日帰り手術
■糖尿病網膜症
■網膜硝子体疾患
■ドライアイ
■眼瞼痙攣治療(ボトックス注射)
■コンタクトレンズ

 
 

診療時間

診療時間

休診日/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

 

当院へのアクセス

当院へのアクセス